ED治療薬で妊娠とバイアグラの画像

バイアグラを使って子作りしても平気なのか

不妊症治療がいつか保険適用に

不妊治療を始める上で、まず最初に行うのが不妊の原因を探る事です。
もしかしたら妊娠しにくい体の可能性があるため、夫婦の体を調べます。
その際、不妊の原因として挙げられるのが、無精子症と子宮内膜症です。
無精子症の場合は提供を受け人工授精するか、顕微鏡で精子を探し体外授精する方法があります。
子宮内膜症の場合は、治療を考慮する必要があります。
子供の生まれない夫婦は人口の1割を占めています。
医療技術の発達により妊娠の原因を探る事ができ、それぞれの解決法も確立されています。
最近の不妊診療は、簡素化・精密化・精度向上と普及により、安心して治療ができるように変化しています。
比較的手軽に行えるようになってきたため、子供を望む夫婦は、早期相談で早期解決を目指します。
ところが人工授精や体外授精は、保険が適用ではないのが現状です。
また不妊症治療がいつか保険適用になるように、今後医学的に安全だと認められ、社会的にも合意が得られた時点で、この問題が夫婦にとって希望の光となるよう早期解決する事が急がれます。