ED治療薬で妊娠とバイアグラの画像

バイアグラを使って子作りしても平気なのか

養子、養親となる為の基準とは

まず、養子、養親となるにはどういった手続きを踏む必要があるのでしょうか。

実際に必要な手続きとして養子縁組というものがあります。それにはいくつかの基準が設けられており、それらをクリアしていく事で法的に新たな親子関係が認められる様になります。

そして一口に養子縁組と言っても、普通養子縁組と特別養子縁組という二つに分かれており、どちらを選択するかによってもクリアしていく基準が異なります。

この二つの一番の大きな違いは、普通養子縁組はあくまで養親の養子であり、実の両親との親子関係は残されたままであるのに対し、特別養子縁組は実の両親との親子関係が解消されるといった点であると言えます。

具体的に前者の縁組の基準としては、まず養親となる者は二十歳以上の成人でなければなりませんが、例外として二十歳未満の未成年者であっても婚姻によって成年に達したと認められている(成年擬制)場合には、基準を満たしていると認められます。また、自分より年上の者の養親となる事は出来ません。叔父、叔母などが結婚により自分より年下であった場合でも同じです。

更には未成年者の養親となる場合に、既婚者である場合には、配偶者の同意を得た上で夫婦揃って養親となる必要がある、などがあります。

後者の縁組の基準としては、養親となる者は必ず結婚していなければならず、更には夫婦の一方が二十五歳以上である事、そしてもう一方が二十歳以上である事などがあり、更には子となる者は六歳未満でなければならないなどと言った、前者よりもより厳格な基準が設けられています。

いずれにしても、新たに親となる側、子となる側、両者にとっても人生を大きく変えてしまう制度である事には変わりはありません。それ故に慎重かつ幸福な選択が求められると言えます。