ED治療薬で妊娠とバイアグラの画像

バイアグラを使って子作りしても平気なのか

2014年06月の記事一覧

男性不妊とは

男性の場合おたふく風邪や高熱が続くことで、造成機能に異常が現れる可能性もあります。
男性不妊には、症状の原因が明らかなものと明らかでないものに分けられおり、また造精機能障害や精子輸送障害、精子妊孕性障害、性機能障害に分けられることもできます。
性機能障害は、陰茎が十分に勃起せず性交ができない勃起不全、極端に陰茎の発達が遅れている短小陰茎、射精時に精液が尿道から排出せず、尿管を逆流する逆行性射精、生まれつき陰茎を持たない陰茎欠如などがあります。
造精機能障害は、精子を造る能力自体が低いかない場合で、原因不明なものも多くあります。
精子の濃度が極端に低い乏精子症、精神運動率が50%未満、高速に直進する精子の率が25%未満の精子無力症、射精した精液の白血球が1mlの中に10万異常見つかる精液の異常である濃性液症などの症状です。
精子形成異常には、睾丸などの部分に問題あることももあり、生まれたときから睾丸が体内に残ってしまう停留睾丸は乳幼児か幼児の時に治療することができます。
睾丸が通常よりも極端に小さい睾丸萎縮の場合、精巣の機能が正常であるかを調べる必要があります。
また、血管部分に問題があったり、精子が奇形になっている奇形精子症などの病気があることを理解しなくてはいけないのです。
男性の不妊治療とは、問診を行い、病歴や既往病について調べます。
外見でホルモンや染色体の異常が分かることもあり、精巣の大きさなどや瘍や疾患がないかをしらべます。
また、精液を調べることで、精子の問題点や精巣や精管などの男性生殖器に問題ないかを調べ、不妊の原因を考えるのです。
そして、異常が見つかった場合には、問題に合わせて治療を行うことで不妊治療を行っていきます。

続きを読む

不妊治療とは

男性不妊とは、不妊症のうち主たる原因が男性側に認められるものです。
その罹患率は女性と比べて極端に低いとは言えず、不妊症は女性だけの問題ではないと認識されつつあります。
妊娠が成立するためには、女性側の受精機能がある卵子が排出され、受精卵が着床し、胎児を育成することができること、男性側は受精機能のある正常な精子が製造でき、その精子を排精することができること、男女共に精子卵子が正常に受精し、互いの免疫機能や酵素の適合性があることで妊娠を成立させることができます。
これらが正常に行われないと、不妊の原因となります。
また、生活習慣やホルモンバランスの乱れ、虫垂炎や腹膜炎などの疾患が不妊の二次的な原因になっていることもあります。
不妊は女性だけの問題ではなく、男性の問題でもあります。不妊治療を行う場合には、男女共に必要な検査や問診があるため二人で受診することが望ましく、夫婦二人で話し合うことがもっとも重要です。

続きを読む

現代の晩婚化にも一役買うED治療薬

EDになる原因には、心因性ストレスや外傷、また生活習慣病など様々な要因がからんできますが、現代ではけっして治療不可能な病気ではなく、専門外来で適切な治療を受ければほとんどの人が改善することが可能な病気です。
過度のストレスや緊張によるとされる心因性が原因のEDの場合にもED治療薬は効果があります。
また、アンバランスな食事や不規則な生活、喫煙、飲酒、運動不足、休養不足といった生活習慣の乱れからくるものや、心臓や血管の病気、糖尿病、高血圧症、男性ホルモンの低下や加齢といった病気によるものも、ED治療薬の服用によって血流がよくなるため効果が期待できます。
特に高血圧症の場合は血管にかかるストレスが増えるため、損傷を受けた血管が固く狭くなり、陰茎の血流を抑えてしまうと考えられています。
また糖尿病の場合は、血管や神経が侵されてしまうため性的興奮による血管の膨張が妨げられ血流が抑えられてしまいます。
晩婚化が進む現代ではこういった病気をかかえEDに悩みながらも子供を欲しいと望む人も少なくありません。
ED治療薬は生まれてくる子供にも安心な薬のため、治療に取り入れてみるのも選択肢の1つです。

続きを読む