ED治療薬で妊娠とバイアグラの画像

バイアグラを使って子作りしても平気なのか

2015年07月の記事一覧

代理母出産の成功の確率はどれくらい

代理母出産とは事情があって子供ができない夫婦の代わりに、別の女性が夫婦の受精卵を体の中で育て出産する事を指します。
代理母出産の場合は成功率はどれくらいになるのでしょうか。
受精卵の種類によって多少違いがありますが。クライアントの精子と卵子の受精卵を使った場合は40パーセント程度でクライアント夫婦の精子とドナーの卵子を使った場合ですと60パーセントの確率になります。
普通の出産の場合ほぼ100パーセントの確率で出産に成功するのに、代理母出産の場合だと60パーセント以下の低い確率になるとも思われるかも知れませんが決して低い数値ではありません。
というのもそもそも通常の場合でも受精卵が必ずしも全て出産につながるとは限らないからです。
受精卵は何らかの事情があり、そのまま育たず流れてしまうこともあります。まだ妊娠初期にこういった事は多く本人も妊娠していることに気が付かない間に流産していることも珍しくありません。
ですので40パーセントから60パーセントの成功率というのは結構高い割合なのです。
ドナー提供の卵子の方が成功率が高いのはクライアントの卵子に問題があるケースが多いからになります。
成功率は100パーセントではありませんが自分達のDNAを引き継ぐ子供が欲しい場合には最終手段として考えるといいでしょう。
ちなみに失敗した場合でも料金を支払う必要があるためある程度成功率が高いと思われる場合にのみ利用することをおすすめします。
また施設によって成功率には違いがあります。実は40パーセントから60パーセントという確率はかなり高い方なのです。
失敗したくないならい施設で代理母出産を利用するようにしてください。

続きを読む