ED治療薬で妊娠とバイアグラの画像

バイアグラを使って子作りしても平気なのか

2015年11月の記事一覧

ED治療薬で翌日の夜まで持続する

ED治療薬にはバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類があります。基本的な効果は陰茎への血流を促し勃起させることですが、それぞれ有用成分が異なるため持続性には違いがあります。

バイアグラは5~6時間、レビトラは5時間~10時間、シアリスは24時間~36時間とされています。それを踏まえ、翌日の夜まで持続させたいというのならオススメはシアリスです。
こうした特徴からシアリスは、金曜日の夜に服薬して日曜日の朝まで持続することからウィークエンドピルとも呼ばれています。シアリスは5mg、10mg、20mgが販売されており、具体的には10mgで24~30時間、20mg30~36時間の効果が期待できます。

翌日の夜まで持続するとはいえ、もちろんずっと勃起しっぱなしというわけではありません。刺激を与えることで勃起し、射精をすれば収まります。そしてED治療薬が効いている内は再び刺激を与えることで勃起する仕組みです。そのため外出も問題ではないでしょう。
パートナーの協力を得て服薬する必要もないので、早めに服薬して備えておくことで服薬ストレスも軽減されます。
ただしED治療薬は24時間以内の際服薬は禁止ですので、効果が薄れてきたかもと思っても24時間に1錠までと決まっています。服薬したい場合は翌日まで待ちましょう。

ちなみに、シアリスは持続時間が劇的に長いですが、全ての人に適しているかというとそういうわけではありません。体質的に有用成分が合うかは分からないので、バイアグラから試して自分に合うED治療薬を使用するのがおすすめです。
また、その際には医師の指示の下で試してみるようにしてください。安全性が確認できれば、その後は個人輸入で購入することも可能です。

続きを読む